header

理学研究科 博士後期課程 教育方針


ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 東京女子大学大学院は、建学の精神であるキリスト教精神に基づく学問研究および教育の機関として、研究者にふさわしい人格を陶冶し、教養に裏付けされ、学術上の貢献をなしうる高度な専門的職業人を育成するために、以下の資質・能力を身につけ、かつ、学則に定める所定の単位を修得し、博士論文を提出してその審査および最終試験に合格した学生に、学位(博士)を授与します。


  • 1. 自分の専攻分野に関する方法論と専門知識を身につけ、さらに学際的視点からの研究を可能にする他分野の方法論と専門知識を一定程度身につけている。
  • 2. さまざまな分野における数理科学的事象に関して、それを数学的に表現するために必要な幅広い学問的視野、および表現された事象を探求するために必要な数学的知識を身につけている。
  • 3. 研究成果を国内外に発信する表現力と建設的な議論を行うことができるコミュニケーション能力を身につけている。
  • 4. 当該分野において十分な研究業績を有し、学術上の貢献をなしうる自立的な研究能力と、将来にわたり高度な専門的職業人および独創性のある研究者として社会に貢献しうるキャリアを構築する姿勢を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成方針)

東京女子大学大学院はディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を修得した「教養を備え、学術上の貢献をなしうる高度な専門的職業人および独創的な研究者」を育成するために、以下の方針に基づく教育を行います。


<教育課程の編成>

  • 1. 幅広い学問的視野を養うと同時に、数理科学の探求に必要な専門的知識を身に付けるため、「特殊研究」(コースワーク)を理論数理学と応用数理学の2分野に編成する。
  • 2. 学術上の貢献をなしうる高い研究能力を培うため、3年間必修の「論文指導演習」(リサーチワーク)を設置する。

<教育内容・方法>

  • 3.「特殊研究」においては、理論数理学と応用数理学の相互交流を通じて、数理科学の様々な問題とそれへのアプローチについて理解を深めることにより、学問的視野を広げ、課題発見能力と問題解決能力を高める。
  • 4.「論文指導演習」においては、3年間を通じた首尾一貫したきめ細かい指導により、数理科学の探求に必要な専門的知識を効果的に獲得させると同時に、学術上の貢献をなしうる高い研究能力を培い、将来の研究者にふさわしい人格の基礎を構築する。
  • 5. 学位論文指導を計画に沿って実施するために、学生と教員および教員間で論文作成および論文指導に関する計画を共有する。

<学修成果の評価>

  • 6. 博士後期課程の集大成としての博士論文を必修とし、原則として外部審査委員を含めた複数の評価者による博士論文審査を経た後、公開の博士論文発表会、更に最終試験を実施する。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

東京女子大学大学院は、建学の精神であるキリスト教の精神に基づく学問研究の機関として、人間科学研究科と理学研究科を設置しています。入学までに修得した学術教養に基づき、専門分野の研究を深め、かつ、人類の文化と社会に貢献しうるにたる人格と教養や学際的視点を備えた高度な専門的職業人の育成を目的としています。本大学院は、上記の建学の精神および教育目的に共感し、専門分野の基礎的知識と積極的なコミュニケーション能力を備え、研究と問題分析を主体的に行う高い意欲を持つ学生を広く求めます。

入学選考は、筆答試験・口述試験および研究計画書・学位論文等出願書類の総合判定により行います。本大学院が定めるディプロマ・ポリシーに掲げる資質・能力を修得しうる学力・適性や意欲を多角的に評価し判定します。


数学専攻

本専攻の特色は、さまざまな現象に秘められた数理的な構造の発見と分析を通じて、その現象の本質を解明しようとする数理科学において、特化した専門研究の深化と広い学問的視野の獲得を共に重視する点にあります。幅広い視野、学問的視野を養うと同時に、数理科学の探求に必要な専門的知識を身に付け、かつ学術上の貢献をなしうる高い研究能力を培うことを目指しています。数理科学分野における基本的知識を有し、本専攻の目的を理解したうえで、さらに以下のような意欲を持つ人を求めます。


  • 1. 数理科学分野において高度な研究を行った経験を持ち、さらに研究を深めたい人
  • 2. 数理科学の高度な研究を通じて、社会に貢献したいという熱意のある人