header

国際交流センター長ご挨拶

国際交流センター長

“われ太平洋の橋とならん”。初代学長新渡戸先生の志と共に、国際交流センターは、学生のみなさんが海外での経験を豊かにできるようなサポートを行っています。夏期休暇中のプログラムでは、本学第二代学長の安井てつ先生ゆかりのケンブリッジ大学ヒューズホールでの教養講座、アメリカ、イギリス、中国、韓国、フランス、ドイツでの語学研修を実施します。春期休暇中はアメリカ、アイルランド、スペインで語学研修を行います。グローバルなネットワークを広げ、協定校にカナダと韓国から各1校が加わりました。2019年度は、海外で日本語を学ぶみなさんを招聘する日本語プログラムも計画されています。海外で学ぶことは語学力を伸ばすだけではなく、その国の生活や人々に触れ、異なる文化を理解し、 多様な価値観、生き方を理解することになります。異文化体験は、多様化する現代社会で生きる力を育んでくれるでしょう。 まずは、国際交流センターの扉をたたいてみてください。スタッフ一同、みなさんと世界を結ぶHUBになることをめざしています。


国際交流センター長
現代教養学部心理・コミュニケーション学科
コミュニケーション専攻
教授  唐澤 真弓