申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

心理・コミュニケーション学科コミュニケーション専攻

3年次演習(コミュニケーション)Ⅰ・Ⅱ【13クラス】

(加藤尚吾教授担当クラスの場合-ICTコミュニケーション-)近い将来、情報通信技術(ICT)の活用は不可欠になるでしょう。メールやSNSなどインターネットを用いたコミュニケーションは、今や私たちの日常生活に欠かせません。ICTを活用したメディアの特徴や使われ方を多角的に検討し、コミュニケーションをデザインする力を養います。

ポイント

  • 取り組むテーマ

    日常的にメッセージのやりとりをしているTwitterやLineなどのSNS上の情報を私たちはどのように取捨選択・解釈し、拡散させているのかを研究します。顔文字やスタンプなどを用いたインターネット上のコミュニケーションの長所と短所を検討し、現代社会におけるコミュニケーションに対するより良いICTツールの利用方法を提案します。

  • アプローチ・アウトプット

    インターネットを用いたコミュニケーションに関する過去の研究を再現する模擬卒業研究を3年次に行います。その過程で科学的な研究方法やデータ分析のスキルを身につけます。また、ゼミ全体で論文や書籍を精読することで、4年次にかけて自身の関心のあるテーマを確定し、研究計画を立案し、卒業研究を行います。

  • 身につく力・学べること

    自身の興味関心に基づいて決めたテーマに対して、適切な研究法を用いて卒業研究を行う過程で、物事を企画・立案する力および課題に挑戦する力が培われます。また、ICTを活用したメディアの多様な使われ方の多角的な検討、変容するコミュニケーションの「今」の探求を通して、将来のコミュニケーションをデザインする力が養われます。

担当教員

  • その他の教員も担当します