header

第19回丸山眞男文庫記念講演会を開催いたします

丸山眞男先生の平和思想:ゼミ生としての想いに重ねて

講師:堀尾 輝久氏(東京大学名誉教授)

日時:2019年12月7日(土)15:00~16:30

会場:東京女子大学24号館2階 24202教室

手続:申込不要・入場無料

主催:東京女子大学丸山眞男記念比較思想研究センター


講師より

 私は1953年度の丸山ゼミ(日本のナショナリズムとファッシズム)に参加(3年生は私一人)、4年時は先生のご病気でゼミは無く、講義も家永三郎氏が代講した。幸い私は3年時に講義も受講し単位も頂いていたが、家永先生の講義も受講した。(後に家永教科書裁判で法廷証言することなど想像を超えている)なお4年時には尾高朝雄先生の法哲学ゼミ(カントの永久平和論)に参加した。この2つのゼミは軍国少年(靖国の子)として育った私の戦争と平和への向き合い方を変えた。


 私は、丸山先生のご病気のこともあり、進路に迷ったが、もっと人間のことを考えたいとの思いが強く、教育学部の勝田守一先生(哲学)のもとで人間と教育の問題を考える道を選んだ。


 修士2年のとき丸山先生の大学院のゼミが復活し、出席し報告(公民と公民教育)、その後もお宅に伺ったり、丸山先生の研究会(VGの会)に、自分の関心に応じて参加してきた。 前半ではゼミやコンパでの記憶に残る先生のお言葉や思い出を語り、後半では先生の平和思想や9条への思いを語り、それを引き継いでいま私たちが取り組んでいる安保法制違憲訴訟の事や「9条地球平和憲章の会」についてお話したい。

カテゴリ別

月別