header

出演者プロフィール


小島 弥寧子

玉川大学芸術学科オルガン専攻卒業 武蔵野音楽大学大学院音楽研究科修士課程修了 フェリス女学院大学ディプロマコース修了 大学院在学中福井直秋賞受賞 ヨーロッパ、アメリカ各地のマスタークラスに参加 2003年度横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ修了 国内及びドイツ、フランス、スペイン、アメリカ各地でソロ、アンサンブル、オーケストラや吹奏楽団との共演を行う 近年特にスペインのオルガン音楽の作品や歴史的楽器の研究と演奏に力を注ぎ、また邦人作品にも積極的に取り組んでいる これまでにオルガンを富永哲郎、伊藤繁、酒井多賀志、藤枝照久、早島万紀子、三浦はつみ、武久源造、A.セア・ガラン各氏に、和声を柿沼唯氏に師事 現在武蔵野大学非常勤講師 明福寺ルンビニー学園オルガニスト 元築地本願寺副オルガニスト(2006-2015) Laacademiadelorganoespanol主宰 日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員
ホームページ http://minekokojima.com


松平 敬

東京芸術大学卒業、同大学院修了 現代声楽曲のスペシャリストとして、湯浅譲二、松平頼暁、高橋悠治、池辺晋一郎、西村朗、近藤譲、三輪眞弘など150曲以上の作品を初演する クセナキス、シュトックハウゼンなど、演奏至難な作品の日本初演も行う これまでサントリーホール・サマーフェスティバル、新国立劇場、コンポージアム(東京オペラシティ財団)、東京・春・音楽祭、JustComposed(横浜みなとみらいホール)などに出演 CD録音においても、一人の声の多重録音を駆使した『MONO=POLI』(平成22年度文化庁芸術祭レコード部門優秀賞)及び『うたかた』、『エクステンデッド・ヴォイセス』と、個性的なアルバムを発表 チューバの橋本晋哉氏とのユニット「低音デュオ」名義でも2枚のCD、『ROTATION』、『双子素数』(『レコード芸術』準特選盤)をリリース 2019年には、シュトックハウゼンのほぼ全作品を網羅した 著書『シュトックハウゼンのすべて』(アルテス・パブリッシング)を出版 現在、聖徳大学、文教大学講師


野田 美香

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科オルガン専攻卒業 同大学院音楽研究科修士課程修了 横浜みなとみらいホール・オルガニスト・インターンシップ・プログラム修了 ヨーロッパ各地やアメリカのマスタークラスにて研鑽を積む これまでにオルガンを酒井多賀志、池田泉、藤枝照久、三浦はつみ、志村拓生、早島万紀子の各氏に師事 各地のコンサートホールや教会でのソロ活動の他、オーケストラや吹奏楽団、合唱団との共演を行う 佐渡裕&シエナ・ウインド・オーケストラによるディズニーのオフィシャルCD「ディズニー・オン・ブラス」にゲストミュージシャンとして参加 また近年、柳澤文子とデュオ<グラン・ジュ>を結成し、オーケストラ作品のオルガン連弾のための編曲、コンサートを行っている2012年より立正佼成会大聖堂オルガニストを務め、仏教讃歌のオルガン編曲の企画にも積極的に取り組んでいる 現在、昭和音楽大学非常勤講師 トート音楽院渋谷講師 フェリス音楽教室講師 日本オルガニスト協会会員


林 裕子

香川県出身 国立音楽大学器楽学科卒業 同大学卒業演奏会に出演 第5回日本クラリネットコンクール奨励賞受賞 その後渡仏しパリ13区立ラベル音楽院、オルネイ地方国立音楽院を満場一致の一等賞を得て卒業 その間にピカルディー音楽コンクール、ベランコンクールにて一等賞を受賞 2002年、チェコプラハにて行われたヤングプラハ音楽祭にソリストとして参加する これまでクラリネットを石川孝司、生島繁、ジャンフランソワ・ヴェルディエ、オリビエ・ドゥルベスの各氏に師事 2016年にクラリネット奏者の左藤博之氏、ピアニストの市川高嶺氏とトリオBavardageを結成し、都内や高松、札幌、大阪などでコンサートを行う 現在、後進の指導にも携りながら吹奏楽コンクールの審査員としても活躍している 東京佼成ウインドオーケストラクラリネット奏者


中内 潔


東京藝術大学を卒業後、渡独ドイツ国立デュッセルドルフ音楽大学を最優秀で卒業し、同ソリスト・コースに進む ドイツにおける国家演奏家資格を取得し、同コースを修了オルガンを秋元道雄、廣野嗣雄、ヨハネス・ゲッフェルトの各氏に師事 第6回シュパイヤー国際オルガン・コンクール第4位 第7回ヴィースバーデン国際オルガン・コンクール第1位 在独中より、ボン国際ベートーヴェン週間、ヴィースバーデン国際バッハ週間、パダボーン夏季オルガン週間などに招かれてのコンサートなど、ドイツを中心に各地で演奏活動を行う 帰国後は、ソロコンサートをはじめ、テレビ、FM放送出演の他、室内楽、合唱との共演も数多く行っている 2003年度よりは東京女子大学聖歌隊常任指揮者として、また、2009年度よりは「カペラ・コレギウム・ヴェリタス」を主宰し、ヘンデルのメサイアをはじめとした宗教曲、ならびにバロックから近・現代までの室内楽曲、オーケストラ作品の演奏にも取り組んでいる 現在、東京女子大学教授ならびに大学オルガニスト 日本オルガニスト協会・日本オルガン研究会会員

中野 ひかり

東京藝術大学オルガン科卒業、同大学院修了 オルガンを絹村光代、廣野嗣雄、秋元道雄の各氏に師事 同大学卒業にあたり、日本オルガニスト協会主催・新人演奏会に出演 また大学院在学中から、フランスのトゥールーズをはじめヨーロッパ各地のオルガンアカデミーにて研鑽を積む その後、リヨン国立高等音楽院にてジャン・ボワイエ氏に師事 在仏中はリヨンをはじめ、各地の演奏会に出演同音楽院を最優秀の成績で卒業 帰国後は、サントリーホール、東京芸術劇場、アクトシティ浜松、札幌コンサートホールKITARA、宮崎県立芸術劇場、新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ、東京カテドラル大聖堂など、日本各地のコンサートホールや教会などで演奏を行う他、東京交響楽団をはじめ、札幌、仙台、名古屋、広島などオーケストラのオルガンパート担当、合唱団との共演、NHK・FM放送に出演するなど幅広い活動を行っている 現在、アクトシティ浜松副オルガニスト 日本オルガニスト協会、日本オルガン研究会会員


田島 茂代

東京芸術大学声楽科を卒業、卒業時に「松田トシ賞」を受賞、大学院修士課程修了、博士後期課程に進学し単位取得満期退学 ミュンヘン音楽大学マイスターコース修了 二期会会員、東京室内歌劇場会員 これまでに教会などでバッハやハイドン、モーツァルトなどの宗教曲を数多く演奏 ドイツにてパミーナ役としてオペラデビューを果たした後数多くのオペラに東京において出演する 日本のオペラでは入野義郎作曲オペラ「曽根崎心中」のお初役を東京と世界の各地で演じ、各メディアでも高く評価され好評を得る ドイツ・リートをヘルムート・ドイチュに師事し、各地で歌曲のリサイタルを開催、高い評価を受ける金沢に移り住んで8年、オペラやコンサートで活動の幅を広げている また、声域の幅を生かしてバッハのアルトソロを務めるなどメゾソプラノとしての活動を始めた 現在、愛知県立芸術大学音楽学部、および石川県立金沢辰己丘高等学校 芸術コース非常勤講師を務め、後進の指導にも力を注いでいる


カペラ・コレギウム・ヴェリタス

中内潔が主宰し、2009年秋に結成された室内楽オーケストラで、ヘンデルの「メサイア」をはじめ、東京女子大学におけるコーラル・コンサートやチャペルコンサートにおいて、様々な宗教曲、またバロックから近・現代までの室内楽曲、オーケストラ作品の演奏に取り組んでいる。メンバーは、音楽大学で後進の指導に当たったり、また他の様々なオーケストラ、室内楽、アンサンブル等において幅広く活躍している演奏家達で構成されている。このオーケストラ名はラテン語で、Cappellaは礼拝堂を意味し、Collegiumは音楽を共にする仲間を指し、そしてVERITASは本学の標語、QUAECUNQUE SUNT VERA(すべて真実なこと)の、VERAの名詞形「真実」である。


東京女子大学クワイヤ

1955年、カントール池宮英才のもとに誕生した東京女子大学聖歌隊である。
4月の入学式を始めとして宗教週間の宗教音楽コンサート、12月のクリスマス・キャロルの夕、クリスマス礼拝、メサイア演奏、3月の卒業礼拝、卒業式などの宗教行事に奉仕している。中でも6月の宗教週間にはコーラル・コンサートを行い、1970年から12年に渉ってバッハの「マタイ受難曲」を演奏し、1982年からはチャペルでメンデルスゾーンの「エリア」、「モーツァルトの「ヴェスペレ」、バッハの「カンタータ4番」、ヴィヴァルディの「グローリア」など、様々な宗教曲の演奏を続けている。とくに、毎年末のメサイア公演は「東京女子大学メサイア」として学内外の多くの人々の愛好を得て今日に至っている。