卒業生インタビュー

2016年 国際社会学科 国際関係専攻(当時)卒業

日本テレビ放送網株式会社 編成局
アナウンス部(取材時の所属)

多くの人びとの生活を豊かにできる
人間力あるアナウンサーになりたい

卒業後の「いま」

より多くの方々の生活を豊かにできる
アナウンサーになりたいと思うようになりました。

現在は「ズームイン!! サタデー」をはじめ3番組をレギュラーで担当しています。アナウンサーの仕事は幅広く、ナレーションやレポート、司会などもあります。


なかでも強く印象に残っているのが、「ZIP!」のフィールドキャスターとして西日本豪雨の被災地で取材・レポートをしたときのこと。たった1日取材しただけの自分が被災者の方々の気持ちをどこまで汲み取れるのか、そして、それをどう伝えるべきなのかということに大いに悩みました。それでも、大変な状況の中で取材に応えてくださる方や、番組で取り上げることに感謝してくださる方もいて、私の方が助けられ勇気づけられました。


入社当時は自分のやりたい仕事ができる満足感が大きかったのですが、今は、より多くの方々の生活を豊かにできるアナウンサーになりたいと思うようになりました。技量を磨くことはもちろん、一人の人間として人格を磨き続けていきたいと思っています。

Another Face

大学時代の「私」

日米比較文化ゼミに所属し、卒論では「アメリカ社会とテレビ」というテーマでテレビ報道の歴史やアンカーマン(自分で取材し、自分の言葉でニュースを伝える人)のあり方を取り上げました。アナウンサーを目指していた私は、卒論研究を通して多くの学びや気づきを得ることができ、今の仕事にも大いに活きていると感じます。

My recommendation

大学では、自分のやりたいことに、とことん挑戦してみて下さい! 経験ほど大きな財産はありません。色々な場所に足を運び、目で見て、心で感じ、多くの人と触れ合う。時間があるから今だからこそ、できることです。東京女子大学での学びもその一つ。ぜひ、悔いのないキャンパスライフを送って下さい!

TOP