人文学科 日本文学専攻




学びの特色

新たなまなざしで、日本の文学や文化の価値を発見する

『源氏物語』や『平家物語』、あるいは夏目漱石や太宰治といった著名な日本文学はもちろん、ライトノベルやマンガ、映画など、日本語を用いたありとあらゆる作品の魅力を追究します。

ふだん何気なく使っている日本語を、歴史、文法、意味、運用など学術的な視点から考えることで、これまで見えていなかった側面を発見します。

1年次の入門と、必修の概論で、漢文学も含めた日本語学・日本文学の基礎をしっかり学びます。加えて古典文学は「くずし字」ほか3種の基礎演習を用意。苦手意識を克服するとともに学びをより深めます。

方言や伝統芸能、比較文学など特色ある分野を専門とする教員がいます。多角的に日本語、日本文学を学ぶことができます。

 



こんなことが学べます

日本語に関わることならすべてが研究対象

「日本語」
日本語の歴史的な変遷、現代日本語の文法や意味や運用、方言などを学びます。

「日本文学」
奈良時代から現代に至るまでのありとあらゆる文学を研究対象とします。

「日本の文化」
伝統芸能や、欧米・東アジアとの比較など、多様な視点から学べます。


【資格可能な資格】 中学校(国語)・高等学校(国語)の教員免許が取得できます。

 



授業をピックアップ!

伝統的な言語・文学研究と新しい研究領域を融合

①「古典籍調査」
数百年も前の書物(古典籍)の現物を触りながら、古典籍を調査、研究するための専門的な技術を身につけます。そのうえで、興味、関心のある古典籍を自由に選んで、作品の魅力を分かりやすくプレゼンテーションしてもらいます。企画・立案・発表といった、社会で必要とされる能力も合わせて養います。

②「現代日本語演習Ⅱ」
現代語を中心に、音声・音韻、文字・表記、語彙、文法、意味、運用各分野にわたって研究法を学びます。テーマの見つけ方、データ・文献の収集方法、論の組み立て方等について身につけます。発表を中心に、意見も積極的に交換しながら、卒業論文へ向けた具体的な力を養います。

③「言語調査Ⅰ」
フィールド調査の方法について実践例に即して学びます。特に対面式調査の方法について具体的に取り上げます。また、山形県庄内地方で、フィールドワーク(方言調査)の実践を行います。

④「日本文化学A」
文化との関わりのなかで、文学をどのように読むことができるのかを考えます。関東大震災後の1920~1930年代に成立するモダン都市の時代を取り上げて、新たに登場してくる都市空間や、都市中間層を中心とする文化に光を当て、それらが作品の中に織り込まれていく過程をたどります。

 



学生の声

文学作品を通してさまざまな時代を疑似体験できるところが面白い

 授業では、古典文学から近代文学までさまざまな作品を読み、その時代の文化や風習などを踏まえたうえで解釈・考察をする手法を学んでいます。学術的な知識を持って文学作品を紐解くことで、過去のさまざまな時代を疑似体験できるところに面白さを感じています。古文が好きでこの専攻を選んだ私ですが、日本語の文字や音声の成り立ちや変遷を学ぶうちに、日本語についてももっと深く知りたいと思うようになりました。今後は、日本語と日本文学を多角的な視点で見つめ直し、自分なりの研究テーマを模索したいと考えています。

 



卒業後の進路

出版・印刷、法律事務所、IT、金融、教員、公務員、進学など

 

TOP