国際社会学科 コミュニティ構想専攻




学びの特色

コミュニティを構想するためのツールとしての社会科学を体得する

国際的な視野とSDGsの観点を持って、幸せな暮らしや人生をデザインし、コミュニティの創造・維持・発展に貢献することのできる人材を育てます。

主題別に行う実習科目を核とし、目標を設定して最適な解決方法を科学的に導き出す、問題解決のツールとしての社会科学を体得します。

観光学、都市計画、法学、政治学、地域経営、社会心理学、社会学などの社会科学の知を学際的に使いこなすことを体験的に学びます。

 



こんなことが学べます

実習科目を通して体験から学ぶ

「コミュニティ構想論」「ソーシャル・キャピタル論」「コミュニティとリスク」
グローバル化のなかで改めて問い直されている安心、信頼、安全、福祉(well-being)の基礎としてのコミュニティの概念について学びます。

「基礎演習(コミュニティ構想)」「実践的研究計画法」
実践的な学びの手法、プロジェクト遂行の方法を身につけます。

「コミュニティ計測法基礎」「コミュニティ計測法A・B」「都市フィールドワーク」
データ解析のスキルやコミュニティ実践のためのプロジェクトを構想する力を身につけます。

「コミュニティ拠点実習(キャリア実践/地域実践)」「コミュニティ調査実習」
これまでに構想したプロジェクトを実践します。実践の過程で、多様な人びとと話し合い、よりよい内容にしていくスキルを培います。

「余暇ツーリズム論」「地域共生とツーリズム 」「ホスピタリティ論」「まちづくりと法」
コミュニティ活性化の重要な手段である観光についての基本的な知識、法制度、観光ビジネス、観光地域経営を理解し、観光分野の動向を分析する力や観光地域づくりを構想する力を身につけます。

【取得可能な資格】 社会調査士の資格が取得できます。

 



授業をピックアップ!

問いを立て、分析し、選択肢を整理する力をつける

「コミュニティ構想論」
まちづくり、人生設計、地域文化、風景、観光などを学んでいく基礎となる考え方(コミュニティ、ジェンダー、モビリティ、サスティナビリティ、イマジネーション、ソーシャル・キャピタル)について説明します。

「コミュニティとジェンダー」
自己のアイデンティティ、家族、地域、学校、職場、国民国家、国際社会などさまざまなレベルでのコミュニティづくり、女性が直面する諸問題を分析するためのジェンダー論の基礎を学びます。

「地域共生とツーリズム」
コミュニティとツーリズムの関わりについて、地域共生の観点から理解します。コミュニティ活性化に資するツーリズムが有するべき、地域資源を核としたブランディング、経済的効果をあげるための戦略やイノベーション、旅行者と住民の交流を通じたシビックプライドの醸成などについても考察します。

「実践的研究計画法(研究計画)」それぞれの学びをプロデュースするための授業です。実践的なワークショップなどを通じて、各自の問題関心を育てていきます。

 



学生の声

立場の異なる意見を聞いたうえで、解決策を見出す姿勢が大切だと気付いた

 観光、まちづくり、社会学、サブカルチャーなどさまざまなことを学びたいと考えていました。また、自分たちが歴史をつくり次世代へバトンをつないでいく担い手になりたいと強く思い、新設のコミュニティ構想専攻の1期生として学ぼうと決心しました。1年次には、地域と連携した教育を行っている小学校の校長先生に、教育のねらいなどについてインタビューを実施。学外の方に取り組みをお聞きするという初めての経験で戸惑うこともありましたが、スケジュールの組み方や学外の方との接し方などを学ぶことができました。またグループワークを通じて、メンバー全員の意見を取り入れながら解決策を考えていくことの大切さを実感。グループ内での自分の役割を考えて実践できるようになりました。

 2年次からは観光政策を研究するゼミに所属。活動の一環として、ある地域にターゲットをしぼり、市の観光課職員の方から現状や課題などを聞きながら、女子大生を対象とした旅行商品を企画し、多くの人びとの前でプレゼンテーションを行いました。この取り組みを通じて学んだのは、観光政策の正解は「ひとつではない」ということです。観光客だけでなく、地域の住民や行政など立場の異なる多くの人たちの意見に耳を傾け、深く考えたうえでその時点で最善の政策を考えていくことが大切だと気づきました。

 



卒業後の進路

 旅行・ホテル、国家公務員、地方公務員、人材、建設、鉄道、運輸、不動産、マスコミなど

 

TOP