header

映画で見つめる日本女性の歩み「ベアテの贈りもの」上映会

  • 会場:東京女子大学 24号館24301教室

女性の職業生活における活躍を推進するために、4月1日、女性活躍推進法が施行されました。
この機会に日本女性のこれまでの歩みをたどる映画を観ませんか?
この映画では戦後から現在に至る男女平等への道のりが語られます。
ゲストに男女雇用機会均等法の"生みの親"である赤松良子氏と、民間企業における女性活躍の道を拓いた落合良氏をお迎えします。


「ベアテの贈りもの」とは


1946年日本国憲法が公布され、第14条「法の下の平等」第24条「家庭生活における両性の平等」を起点として、男女平等が実現されるようになりました。この憲法の草案作成に少女時代を日本で過ごしたベアテ・シロタさんが参加していました。ベアテさんから語られる日本女性の地位向上への想い、活動展開を進める日本女性たち、変化する日本社会、そして今後を問うドキュメンタリーです。



ゲスト 赤松良子氏、落合良氏
ファシリテーター 森 理宇子 東京女子大学キャリアカウンセラー
場所 東京女子大学 24号館24301教室
参加費 500円 *学生無料
申し込み先・お問い合わせ 東京女子大学エンパワーメント・センター TEL: 03-5382-6832(直)
申し込み方法 Eメール(empowerment@lab.twcu.ac.jp)にて
件名「5月28日ベアテの贈りもの 申込」とし、以下の項目を記入して
お申し込みください。
① 氏名(フリガナ) ② 連絡先(電話番号)
③ お差し支えなければ年令(20代、30代など年代でも構いません)
④ 卒業生の場合は卒年、卒業学部・学科または修了研究科・専攻
締切 5月25日(水)