header

本学大学院生と平林秀美准教授らが「日本発達心理学会学会賞」を受賞

本学大学院人間科学研究科博士後期課程に在学の風間みどりさんらの論文が、2014年度日本発達心理学会学会賞を受賞しました。


受賞論文は『日本の母親のあいまいな養育態度と4歳の子どもの他者理解:日米比較からの検討』で、平林秀美准教授・唐澤真弓教授(人間科学科)とTARDIF, Twila・OLSON, Sheryl(ミシガン大学心理学部)との共著です。はっきりいわない日本の子育ての特徴と子どもの行動との関連を比較文化的視点から分析した点が評価されました。