header

本学学生が「全国学生韓国語スピーチコンテスト」最優秀賞受賞


2015年12月12日(土曜日)に韓国文化院で開催された「話してみよう韓国語」東京・学生/一般大会「全国学生韓国語スピーチコンテスト」の一般スキット部門で、本学の佐々木茜さんと後藤久雅子さん(当時2年生)が最優秀賞を受賞しました。


本選では首都圏の高校、大学、民間の団体などから10組が出場し、韓国語でスキット(寸劇)を披露。スキットは韓国の銀行で両替をする日本人と韓国人行員 の会話という場面設定で、前半は決められたスキットを、後半はそれに続く形でオリジナルのスキットを取り入れ、それぞれの組が劇を繰り広げました。


他の多くの参加者が小道具などをふんだんに使い華やかなステージを見せる中、本学の2人は、なめらかで自然な韓国語の発音とユーモアのある演技を披露し、最優秀賞という素晴らしい賞を受けることができました。