header

「お国ことばで語ろう!ご当地アピール動画コンテスト」受賞作決定



(上段)篠崎晃一図書館長 (下段左から)竹川知佳さん、イ ヒョンジさん、チャン フォン アインさん

2020年夏休み~10月にかけて本学図書館主催で開催した方言を使ってご当地をアピールするショート動画のコンテストには、在学生からのクオリティの高い力作がそろい、視聴した方から「自分が生まれ育った土地を大切にしようと思える良い企画だった」「コロナ禍で人との距離が離れ寂しい思いをする毎日だが、この企画でみんな元気でいることを知ることができた」「国内だけでなく留学生の故郷の言葉もあったのがとてもよかった」「コロナが収束したらぜひ行ってみたい」など多くの感想が寄せられました。
視聴者投票等によって各賞が決まり、10月26日にオンラインで授賞式を行いました。残念ながら急用のためおひとりは欠席となりましたが、静岡市、ソウル、ホーチミン市から3名の受賞者が出席。「母の出身地を題材に、初めて親子で楽しく作品作りに取り組む貴重な経験になった」「私が日本のものを受け入れるだけでなく、皆さんに私の出身地のことを紹介できる素敵な機会になった」「初めてカメラの前で演技をしたり動画の編集をしたりしながら、皆さんにベトナムとはどんなところか紹介できる貴重な体験だった」など楽しい雰囲気の中エピソードや感想をお聞きしました。


篠崎晃一図書館長の総評、受賞者コメントはコチラ

全応募作の視聴はコチラ


受賞作


方言動画コンテスト第2弾は全国の高校生・大学受験生を対象とした「方言甲子園」

2020年12月13日(日)まで作品募集中です。
詳しくはコチラ

 毎日新聞や国立国会図書館のウェブサイトでも取り上げられました。

  https://mainichi.jp/univ/articles/20201027/org/00m/100/003000c

  https://current.ndl.go.jp/node/42376