申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

国際社会学科社会学専攻

3年次演習(社会学)Ⅰ・Ⅱ【5クラス】 社会調査実習Ⅰ・Ⅱ【6クラス】/ 4年次演習(社会学)Ⅰ・Ⅱ /【5クラス】

(金野美奈子教授担当クラスの場合)上級生向け演習群では、各自の関心の掘り下げや調査スキルの習得、研究の実施から卒業論文執筆までを後押しします。すべて同一メンバーで取り組みます。自ずと協力関係が生まれ、活発な意見交換や相互サポートの土台となります。

ポイント

  • 取り組むテーマ

    身近な事象からグローバルな社会構造まで、人々の意識・行動から文化や社会制度のあり方まで、社会学の研究テーマの可能性は社会のあらゆるところに見つけることができます。私の演習・実習では、「『働くこと』とジェンダー」をテーマに、多様な働き方の現状と課題、そこから見えてくる現代社会のあり方を考察しています。

  • アプローチ・アウトプット

    既存文献や統計データはもちろん、インタビュー、アンケート、文書資料などの独自調査で素材を集め、社会のあり方に迫ります。私の担当実習では聞き取り調査を手がかりに、ともすれば見落とされがちな人々の経験を掘り起こしています。3年次演習の成果まとめ、調査実習報告書の作成をステップに、集大成としての卒業論文研究に取り組みます。

  • 身につく力・学べること

    既存の枠にとらわれずに自身の問題関心を掘り下げ、納得できるまで探求する力を身につけます。複雑な社会事象を自分なりの視点でとらえようとすることで、自然と視野が広がり、物事を多角的に考える力が養われます。社会を生きる人々への共感力とデータや資料に基づいた冷静な思考力、この二つを兼ね備えた知性の獲得を目指します。

担当教員