申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

イベント

セミナー・講演会

一般 / 在学生

女性学研究所 公開講演会のお知らせ (対面とオンライン同時開催)

Fri.

オンライン

資本制社会の原理は「ケア」を取り出し、女性と同様子どもも家族内に閉じ込めてきました。社会の現状をなんら変えないまま、取り出されたケアは、根本的な問題から焦点を外し重宝されます。ケア論を手がかりに考えてみましょう。

イベント概要

講演題目

取り出される「ケア」 -ヤングケアラーの「発見」

日時

2022年12月23日(金)13:15~14:45
(対面とオンラインの同時開催)

講演者

桜井 智恵子氏 (関西学院大学人間福祉学部 教授)

募集人数

対面:先着40名
オンライン:先着200名

申し込み方法

下記のお申し込みボタンより詳細ページへお進みいただき、お申込みください。
*対面とオンラインの申し込みが別となっておりますので、ご注意ください。
*対面でのお申込みの場合、グーグルフォームのお申込み完了後の画面に、講演会場が表示されますので 当日直接お越しください。新型コロナ感染症対策にご協力ください。

申し込み締切

対面申込:2022年12月16日(金) 16時締切(先着40名)
オンライン申込:2022年12月21日(水) 16時締切(先着200名)
*ウェブサイトのシステム上、16:00 を過ぎても「申込受付中」と表示されてしまう場合があります。

  • 桜井智恵子氏/主な論文・著書

    「取り出される『ケア』- ヤングケアラーの構築」『現代思想』2022年11月号
    「こども家庭庁の『こどもまんなか』政治——ネオリベラルな『ウェルビーイング』」『現代思想』2022年4月号
    『教育は社会をどう変えたのか——個人化をもたらすリベラリズムの暴力』明石書店、2021年
    『子どもの声を社会へ——子どもオンブズの挑戦 』岩波新書、2012年

お問い合わせ

東京女子大学 女性学研究所