申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

トピックス

[教育]

東京純心女子中学校・高等学校、国府台女子学院高等部および恵泉女学園中学・高等学校との高大連携協定を締結

Thu.

東京女子大学は、このたび、東京純心女子中学校・高等学校、国府台女子学院高等部、恵泉女学園中学・高等学校と高大連携協定を締結しました。
この協定は、相互の交流と連携を通じて、中学生・高校生の知的好奇心を育てて学ぶことへの熱意を涵養するとともに、 大学の求める学生像および教育内容への理解を深め、中学教育・高校教育・大学教育の質的連携を通じて、新たな人物養成とそのための教育的可能性の開拓を目的とするものです。
今後、この協定をもとに、各校との教育に関わる交流・連携を強化していきます。
各校との協定が、本学にとっては7校目、8校目、9校目の高大連携協定締結となります。  

東京純心女子中学校・高等学校との高大連携協定

5月23日(月)に本学にて、東京純心女子中学校・高等学校との高大連携協定の調印式を行いました。
調印式には、東京純心女子中学校・高等学校より校長 森扶二子先生、校長補佐 森山敏久先生、教頭 八嶋政明先生、進路部部長 中村剛先生が来学され、本学からは森本学長、小田学部長、林高大連携担当等が出席しました。協定書への署名、写真撮影の後、和やかな雰囲気の中で意見交換等を行いました。
  • 森本あんり・東京女子大学長と森扶二子・東京純心女子中学校・高等学校校長

  • 出席者による記念撮影

東京純心女子中学校・高等学校

カトリックミッションスクールとして、1964年の開校以来、「平和な未来を創る人」を育てることを使命に、様々な教育活動を行っています。聖母マリアの生き方にならい、自らの使命を見つけ、他の人のために貢献する、自立した女性を育てる、という創立者Sr.江角ヤスの志を何より大切にしています。

国府台女子学院高等部との高大連携協定

5月24日(火)に本学にて、国府台女子学院高等部との高大連携協定の調印式を行いました。
調印式には、国府台女子学院高等部より学院長 平田史郎先生、高等部副学院長 平田慎太郎先生、高等部教頭 永田敏明先生が来学され、本学からは森本学長、小田学部長、林高大連携担当等が出席しました。協定書への署名、写真撮影の後、和やかな雰囲気の中で意見交換等を行いました。
  • 森本あんり・東京女子大学長と平田史郎・国府台女子学院高等部学院長

  • 出席者による記念撮影

国府台女子学院高等部

国府台女子学院は、千葉県市川市にある小中高一貫教育を行う女子校です。1926年の創立より、浄土真宗の教えを礎に、「敬虔・勤労・高雅」を三大目標とし、「心の教育」を大切にしています。高等部では、一人ひとりを希望する進路に導けるよう、細かいコース分けと、選択制のカリキュラムを導入しています。

恵泉女学園中学・高等学校との高大連携協定

6月8日(水)に本学にて、恵泉女学園中学・高等学校との高大連携協定の調印式を行いました。
調印式には、恵泉女学園中学・高等学校より校長 本山早苗先生、副校長 江田雅幸先生、教務部長 篠田絵里子先生が来学され、本学からは森本学長、小田学部長、樋脇副学長、林高大連携担当等が出席しました。協定書への署名、写真撮影後、和やかな雰囲気の中で意見交換等を行いました。
  • 森本あんり・東京女子大学長と本山早苗・恵泉女学園中学・高等学校校長

  • 出席者による記念撮影

恵泉女学園中学・高等学校

恵泉女学園は1929年、河井道によって、キリスト教信仰に基づき、いのちを慈しみ、世界の平和を創り出すために尽力する女性を育てたいという思いから、創設されました。聖書・国際・園芸を教育の柱に据え、強さとしなやかさを併せ持つ女性を世に送り出そうとしています。そのために、自分の頭で考え、自ら発信する力を育てます。