申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

教授

アリマ アキエ

有馬 明恵

現代教養学部 心理・コミュニケーション学科 コミュニケーション専攻

研究キーワード

メディア文化 / ジェンダーとメディア

研究分野

コミュニケーション学 / 社会心理学 / ジェンダー

研究テーマ

ニュースや情報番組、娯楽番組に含まれるステレオタイプを研究しています。また、マス・メディアに加えTwitterなどのSNSで流通する情報を人々はどのように利用し、心理的満足を得ているのかを、ジェンダーの視点から研究しています。

コメント

私たちの日常生活は、テレビ、インターネット、SNSなどに流通するメディア情報と共にあります。世の中の出来事を知らしめるニュース、教養を高めてくれるドキュメンタリー番組や書籍、快楽をもたらすドラマ、バラエティ番組、小説など、生活の知恵を授けてくれる情報番組や料理サイト、人間関係を構築・維持してくれるSNS・・・。このようにメディア情報は私たちの生活や人生を豊かにしますが、偏った情報が誤った認識をもたらし、差別や暴力を招くことがあります。メディア情報にどのような偏りがあるかを明らかにすることで、メディア・リテラシーを高めることができます。メディア情報の利用やそれにより得られる効用がジェンダーや心理的変数によって異なるかを検討することで、私たちの情報処理のプロセスを解明することができます。メディアは今後も進化することでしょう。メディア情報について一緒に研究し、メディアの賢い利用方法を考案しましょう。

  • 主な担当授業・演習
    • メディア文化論
    • ジェンダーとメディア
    • コミュニケーション研究法実習(内容分析)
    • 多変量解析
  • 所属学協会・プロジェクト
    • IAMCR(International Association for Media and Communication Research)
    • 日本メディア学会
    • 日本社会心理学会
    • 日本心理学会
    • 「日本人とメディア利用」研究会
  • 書籍等出版物(単著・共著)
    • 内容分析の方法(第2版)(単著、ナカニシヤ出版、2021年)
    • テレビという記憶:テレビ視聴の社会史(共著、新曜社、2013年)
    • メディアとジェンダー(共著、勁草書房、2012年)
    • ステレオタイプとは何か—「固定観念」から「世界を理解する“説明力”」へ(監訳、明石書店、2007年)