申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

教授

ミゾグチ アキコ

溝口 昭子

現代教養学部 国際英語学科 国際英語専攻

研究キーワード

アフリカ文学 / 黒い大西洋 / 英語圏文学 / 植民地近代 / ポストコロニアル / 英文学 / ディアスポラ

研究分野

アフリカを舞台にした植民地英語文学やアフリカの英語文学を中心とした英語文学

研究テーマ

20世紀前半の南アフリカ文学において、大英帝国や米国との関係性の中で生まれる国家意識を、モダニズムという観点も絡めつつ研究しています。

コメント

大学は、失敗することも含めて、色々なことを学べる場所だと思います。自分に関して言えば、後悔も多い学生生活でしたが、人と違うことを恐れないこと、自分の視点を相対化すること、自分の殻を破って苦労して経験したことは確実に身につくことなどを学びました。その延長上に、さまざまな英語圏と関わる今の自分の研究者としての生き方があると考えています。

  • 主な担当授業・演習
    • English Studies入門演習
    • English Studies基礎論(批評研究)
    • 英語文学演習(比較文学)
    • 4年次演習
  • 所属学協会・プロジェクト
    • イギリス女性史研究会
    • Postcolonial Studies Association
    • Modern Language Association
    • 黒人研究学会
    • 多民族研究学会
    • 日本英文学会
  • 書籍等出版物(単著・共著)
    • 『<終わり>への遡行—ポストコロニアリズムの歴史と使命 』(共編著、英宝社、2012)
    • What Languages Do Aliens Speak? Multilingual 'Otherness' of Diasporic Dystopia in District 9 (単著、Journal of African Cinemas 8(2), 2016)
    • 「「国民未満」から対自的民衆へ—H・I・E・ドローモの作品を中心に」(単著、『多様体』 (1) , 2018)
    • 『国民国家と文学—植民地主義からグローバリゼーションまで 』(共著、作品社、2019)