申込不要受付中締切間近終了
緊急のお知らせ
東京女子大学

人間社会科学専攻 臨床心理学分野

人間が他者と社会との関係の中でいきいきと生きることを目指す心理臨床の実践者を養成します。そのために必要な基本的な臨床への姿勢、専門的な知識やスキル、探究心、そして修了後も続く自己研鑽を支える基盤の形成などを目指します。 心理療法の対話における基本的なプロセス、学校心理臨床、家族臨床心理学、精神病理学、病院臨床などを学び、さらに人が生きている家族・学校などのシステムと、より大きな社会・文化や人のネットワークを視野に入れた心理臨床実践のアプローチを身につけることを意図しています。

教育課程の特色

専門的な知識やスキルを身につけ、さまざまな人との出会いをもとに自分で深く考えることができる人材を育成するために、本分野は、理論的学習と体験的学習を組み合わせ、調査研究能力と臨床実践能力を幅広く身につけることができる教育課程となっています。また臨床実践および調査研究における倫理面の学習も重視しています。

基礎科目/専門科目

基礎科目では、どのような心理臨床の場でも基盤となるコミュニケーションや関係性のプロセスについて幅広く学びます。さらに専門科目では、心理査定や心理療法についてのさらなる知識、スキルの訓練、学校臨床、病院臨床などより発展的な内容を習得できるようにしています。とりわけ心理療法については、パーソン・センタード・アプローチ、認知行動療法、精神分析、家族療法など広範囲にわたって学ぶことで、子どもから成人、高齢者の抱える多様な問題に対する支援力を育てます。また現代社会が抱える心理社会的問題(トラウマ、虐待、いじめ)に対する予防、危機介入、後方支援などについても扱います。心理臨床の基礎となる認知心理学、発達心理学、社会心理学などについても学ぶことができます。

臨床実習については、1年目から学外実習機関(教育、福祉、医療など)で心理職の機能や他職種との協働がどのように行われているかを実地で学び、そこで知識やスキルをさらに深め、倫理的姿勢を具体的に理解する機会をもちます。1年目後期からは、学外実習と並行して、学内の心理臨床センターにおいて、インテーク面接の陪席、査定、面接、プレイセラピーなどについて被検者やクライエントと関わりながら経験を積むことができます。臨床実習については、グループおよび個人単位での丁寧な指導スーパーヴァイズが行われ、月に1回は院生全員と複数の専任教員が一緒になってグループカンファランスを行っています。

カリキュラム

専任教員

臨床心理学分野 修士論文タイトル

  • 大学生女子における体型に関する認知とダイエット行動
  • いじられが負担感のあるいじられに変容するプロセスの検討
  • 発達障害児を育てる母親が専門機関と関わる心理過程
  • 「よい子」の多元性と適応
  • 青年期における他者自己に対する緊張
  • 大学生の対人関係における自己愛的脆弱性と攻撃性-認知的側面からの検討-
  • 認知症にかかわる家族の介護過程と喪失体験

2019年度

  • スクイグル法における投影・描画過程—なぐり描き線・個人特性・自発的付け足しに着目した基礎研究—
  • 学内外の友人への自己開示と学校適応感—中学生と高校生の比較を通して—
  • 子が認知する夫婦関係の良好さ及び夫婦間評価が親評価に与える影響
  • デートDV被害女性が関係から脱却する心理的プロセス
  • 「学校不適応感」とレジリエンス—学校不適応を抱きながらの学校生活から現在に至るまでのプロセス検討—
  • 「自己を否定された」と感じる個人要因の検討—アイデンティティおよび自己複雑性に着目して—

2018年度

  • 青年期の母娘関係における精神的自立のプロセス—合わせスタイルにおける独自性と結合性という観点を中心に—
  • 教師のメンタルヘルス—若手教師のバーンアウトを防ぐ管理職による支援・指導—
  • 高齢者を対象とする傾聴ボランティアの参加動機と援助成果—ボランティアベース傾聴者とカウンセリング傾聴者の比較研究—
  • 青年期の家族関係における家族構造とコミュニケーションの日韓比較
  • 青年期における友人への気遣い行動—感情体験と性差に注目して—
  • 大学生女子における働く意味と職業決定

2017年度

  • 母親が抱く育児でのネガティブ感情と虐待不安の関連
  • 親の過干渉行動と親子間コミュニケーションの類型
  • 発達障害を持つ子どもを支援するための校内連携
  • 高齢者に対するエイジズム尺度作成とその関連要因
  • 地域社会における児童虐待イメージと児童虐待認知の関連の検討

2016年度

  • アスペルガー障害を持つ人に対する態度—大学生の知識・学習経験・接触経験との関連に着目して—
  • 対人援助職に対する援助要請プロセスの検討
  • 大学生の援助要請スタイル—青年期女子における個人特性及び精神的健康の関連—
  • ナルコレプシーと解離性障害における現実的な夢体験の比較
  • 解離と抑うつから見た没入概念の検討—女子大学生の「没入」について—
  • 成人期の子をもつ母親の子育てにおける後悔—多様な子育ての振り返りから—
  • 過剰適応における類型の検討 —大学生を対象として—

2015年度

  • アルコール使用障害に対するスティグマの研究—統合失調症との比較と関連要因の検討—
  • 育児期の女性のワーク・ライフ・バランスに関する研究—スピルオーバーの規定因の探索—
  • 中年期父親の語る子育て体験—人格的発達プロセスへの着目—
  • 結婚・妊娠前から第一子出産後における「親になること」の心理的プロセス—多様な妊娠経緯をもつ女性の語りをふまえた「親準備性」の再考—
  • 現代における「空虚」の構造—青年期女性の語りから—
  • 高齢者女性における配偶者喪失後の心理変容プロセス
  • 施設臨床における「受容」の質的分析—「受容」が難しい局面に着目して—

修了後の進路

本分野は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士養成の第一種指定大学院であるとともに、国家資格である公認心理師の資格取得に必要なカリキュラムが整備されています。臨床心理士、ならびに公認心理師の資格取得希望者は、定められた科目を履修し(公認心理師の場合には学部でも定められた科目の履修が条件となります)、学内外で実習を積むことで資格試験を受けることができます。資格を取ったのちは、様々な心理臨床現場で活動をすることが期待されます。
より良い心理臨床実践に資する研究を行うために、博士後期課程に進学する学生の研究能力の育成も想定して教育を行います。